障がい者が働くことが当たり前になる世界を目指したい

障がい者が働くことが当たり前になる世界を目指したい

代田 尚広 Naohiro Shirota

就労移行支援事業部 Blue Ocean 教室長

Q1.

なぜボラシェアに入社したいと思いましたか?

A1.

障がい者雇用関連の仕事をインターネットで調べていた際、ボラシェアのコーポレートサイトにたどり着きました。

コーポレートサイトの中にあった、”障がい者就労100%”という表記を見て、「こういうこと言う会社があるんだ、話を聞きに行かなきゃ!」と思い、応募しました。

応募し、取締役のはじめさんに会い、”障がい者雇用100%”の話を聞いて、より興味を持ちました。

元々特例子会社で働いていたため、障がい者雇用は身近でした。

歳を重ねて、生まれたところに恩返しがしたい、そのための役割として、障がい者就労100%に少しでも力になれればと思い、入社しました。

Q2.

なぜ障がいの分野に関心があったのですか?

A2.

自分自身が障がい当事者となり、特例子会社に入社、その中で、働きたくても働けない人をたくさん見てきました。

“障がいを持って働くこと”は当たり前じゃないと、気付いたことも大きかったですね。

それ以前のことで言うと、陸上のコーチをしていた際、知的障がいを持っている子どもと一緒に走ったり、車椅子マラソンのボランティアをしていたりしたので、元々身近なものではありました。

Q3.

ボラシェアでは、どんな仕事をしていますか?

A3.

就労移行支援事業所Blue Oceanにて、生徒対応や広報を行なっています。

生徒対応の際には、教室長として、生徒のみんながゴールに結びつくように、どんな人がどんなところに就職できるかをイメージしながら接しています。

また、日々行う座学の項目を皆さんにわかりやすいように伝えることも意識しています。

訓練の中で、社会の厳しさを伝えることも、大切な役割だと思っています。

Q4.

この仕事のやりがいを教えてください。

A4.

就職が決まり、定着支援の時に楽しそうに仕事してることがわかった時ですね。

実習や就職活動をがんばったんだなって、嬉しく思います。

また、分からないことがだんだんわかるようになっていく様子を見れることもやりがいの1つです。

座学で「初めて聞きました」「やってみようと思いました」「これはどう言うことですか?」等々、生徒の方からのリアクションがあるととても嬉しいですね。

Q5.

最後に、ボラシェアのここが好き!

A5.

「いくぞ!」の合図でみんなで「わっ」と一斉に動いて仕事ができるところですね。

まとまりがあり、家族的なところがとてもいいです。

あと、目の前がスーパーながの屋さんなので、すぐに弁当が買いに行けるところも好きです(笑)

タイトルとURLをコピーしました